西野カナ 「このままで」

このままで
作詞:Kana Nishino, romaji+translate: uta

陽だまりの中 二人並んで 手と手繫いで ふっと笑い合って
hidarimari no naka futari narande te to te tsunaide futto waraiatte
Both of us side by side under the sunshine, holding hand to hand, suddenly laugh together
そんな何でもないことさえも 君がいれば特別だから
sonna nandemonai koto sae mo kimi ga ireba tokubetsu dakara
Even simple things like that, are special if there is you
近すぎるとたまに忘れてる 知らず知らずのうちに
chikasugiru to tamani wasureteru shirazu shirazu no uchi ni
When we’re too close we sometimes forget, before we realize
わがまま言ってしまうのに 優しく包んでくれる
wagamama itte shimau noni yasashiku tsutsunde kureru
Even though I said selfish things, you hug me gently anyway

このままで時が止まるなら
kono mama de toki ga tomaru nara
Only if the time would stop just like this
二人で見つめていたい
futari de mitsumeteitai
I want to see it together
Ah この景色 百年先もずっと
Ah kono keshiki hyakunen saki mo zutto
Ah this scenery even after 100 years, forever
永遠に變わらないように
eien ni kawaranaiyouni
so it won’t change eternally

夜風が少し 冷たくなって
yokaze ga sukoshi tsumetakunatte
The night wind is getting a little cold
そっとかけてくれたジャケット
sotto kaketekureta jaketto
you softly cover me with your jacket
君の香りに包まれながら ずっと優しい夢を見てたい
kimi no kaori ni tsutsumarenagara zutto yasashii yume wo mitetai
I want to see sweet dreams forever, while being wrapped by your scent
幸せすぎると怖くなって
shiawase sugiru to kowakunatte
I get scared when it becomes too blissful
確かめたくて
tashikametakute
I really want to make sure
この空に寄り添う星みたいに 消えないように
kono sora ni yorisou hoshi mitai ni kienaiyouni
So it won’t disappear just like the snuggling stars in the sky

このままで時が止まるなら
kono mama de toki ga tomaru nara
Only if the time would stop just like this
二人で見つめていたい
futari de mitsumeteitai
I want to see it together
Ah この景色 百年先もずっと
Ah kono keshiki hyakunen saki mo zutto
Ah this scenery even after 100 years, forever
永遠に變わらないように
eien ni kawaranaiyouni
so it won’t change eternally

心はずっと變わらない
kokoro wa zutto kawaranai
My heart will never change

このままで時が止まるなら
kono mama de toki ga tomaru nara
Only if the time would stop just like this
二人で見つめていたい
futari de mitsumeteitai
I want to see it together
Ah この景色 百年先もずっと
Ah kono keshiki hyakunen saki mo zutto
Ah this scenery even after 100 years, forever
永遠に變わらないように
eien ni kawaranaiyouni
so it won’t change eternally
永遠に變わらないように
eien ni kawaranaiyouni
so it won’t change eternally

西野カナ 「Love Song」

作詞:西野カナ、ローマ字+通訳:Uta

いつのまにか 疲れて眠るかわいい君に そっとキスをして
itsu no manika tsukarete nemuru kawaii kimi ni sotto kisu wo shite
Before I knew it, I softly kiss sweet you who tiredly asleep
今思い出すよ 出逢った日を
ima omoidasuyo deatta hi wo
Now I’m recalling the day we met

もしあの時あの瞬間に 二人の目が合っていなかったら
moshi ano shunkan futari no me ga attenakattara
If at that moment our eyes didn’t meet each other
この時間は なかったのかな
kono jikan wa nakattanokana?
would this time disappear?
きっと運命と信じて
kitto unmei to shinjite
Believing that it must be a destiny

これからもずっとずっと 二人の時を重ねていこう
kore kara mo zutto zutto futari no toki wo kasanete ikou
Even from now on always and always, let’s pile our time
歌おう歌おう ありったけの声で 想いを重ねて
utaou utaou arittake no koe de omoi wo kasanete
Sing it, sing it with all voices we have, pilling our thoughts
二人だけのこのLove Song 響かせよういつまでも
futari dake no Love Song hibikaseyou itsumademo
Let’s echo the love song of only both of us, forever

子供みたいに 笑ってはしゃぐ横顔を 見つめながら
kodomo mitai ni waratte hashagu yoko gao mitsumenagara
Looking at your childish laughing out face from side
考えてるの いつかの日を
kangaeteruno itsuka no hi wo
I’m thinking about some coming days

もし二人が願ったとしても 未来に確かなことはないから
moshimo futari ga negatta toshitemo mirai ni tashikana koto wa naikara
Even if both of us keep wishing, there’s no certain thing in future
この時間が終わらないように
kono jikan ga owaranaiyouni
“So that this moment will never end”
そっと永遠を信じて
sotto eien wo shinjite
Softly believing in eternity

これからもずっとずっと 二人の時を重ねていこう
kore kara mo zutto zutto futari no toki wo kasanete ikou
Even from now on always and always, let’s pile our time
歌おう歌おう ありったけの声で 想いを重ねて
utaou utaou arittake no koe de omoi wo kasanete
Sing it, sing it with all voices we have, pilling our thoughts
二人だけのこのLove Song 響かせよういつまでも
futari dake no Love Song hibikaseyou itsumademo
Let’s echo the love song of only both of us, forever

二人が当たり前になって たまにすれ違っても
futari ga atari mae ni natte tamani sure chigattemo
Two of us become natural, even if we miss each other’s path sometimes
いつまでも この心 君を 君を 離せないよ
itsumademo kono kokoro kimi wo kimi wo hanasenaiyo
Forever, this heart will never be able let you go
たった一つの願いが 叶うように
tatta hitotsu no negai ga kanau youni
For that only wish to come true

これからもずっとずっと 二人の時を重ねていこう
kore kara mo zutto zutto futari no toki wo kasanete ikou
Even from now on always and always, let’s pile our time
歌おう歌おう ありったけの声で 想いを重ねて
utaou utaou arittake no koe de omoi wo kasanete
Sing it, sing it with all voices we have, pilling our thoughts
二人だけのこのLove Song 響かせよういつまでも
futari dake no Love Song hibikaseyou itsumademo
Let’s echo the love song of only both of us, forever

Continue reading

Don’t hold on, baby

There’s a person for me, who have my heart. He came to my life suddenly, if you believe in faith, he came to me that way. Even when we had our first conversation he has been different. He might not believe, that I am rarely attracted to a guy. I’ve never been in a close relationship to a guy, yes, I was trauma. But without I even realized, he has just became closer and closer to me, touched my heart. Continue reading

人が上手くなって上がって、おめでとうって思わないなぁ
自分と関係なかったら思うけど。。
自分の行きたい場所に他の人が先に行ってるって羨ましい
失敗を願うってわけないけど私も早く行きたいって思ってる
嫌な人だね○| ̄|_

ハナさん

この星に初めて会ったのは二年前から通ってたプライベート日本語学校です。

先生は大人しくて、楽しくて、きれいで、優しい人です・・・先生の授業が楽しくてしようがなかったです。日本話を求める私たち生徒を付き合ってくれました。おかげで、日本に行きたい気持ちが日々強くなる。その気持ちがやっと2013年の2月に叶えました☆ミ 先生が言った一言で道が見えるようになりました「日本に行ったら家に泊まって」。先生はどうんな気持ちで言ったか分からないけど私たちにとってはすごく希望の一言でした。

Continue reading

SJ

今日は私のバイトしているところの社員が日本に戻りました。彼の名前はSJ・・名前書きたいですけど、本人が嫌だったら悪いから辞めます、当時24歳、AB型。彼は一ヶ月一週間でバリでお仕事してました。ここからは彼について私の印象です。

Continue reading

お父さん

毎晩我が家ではこんな景色が見れます。自分の部屋でパソコンを昼間からずっとやっている娘。部屋でメディテーションをやっている母親。一人ぼっちにリビングでテレビを見ている父親。

本当は一緒にテレビを見ながら、みんなで一日を語り合いたい。でも、家のリビングの作りはみんなでゴロゴロ出来るような作りじゃないのもありますし、テレビを一緒に見るのに趣味はバラバラでみんなで楽しめない。私が遠慮できなくて、本当は同じ興味を持ってる娘だといいのになぁと。 Continue reading